読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

評論芸もどき

様々なことに対して評論してみたいと思います。多分突っ込まれることが多いですが。

二次元にはまる心理

最近二次元好きの大人が増え続けております。

 

まあ、アニメに寛容的な社会に少しはなってきているのと同時に深夜アニメという大人向けのアニメが増えたのも要因だと思います。

 

しかし、私はもっと根底に何か理由があるはずと思っておりました。そして今日ある説を提唱しようと思います。

 

二次元キャラ=自分“だけ”のアイドル

 

重要なのはここの“だけ”という点。日本人はとにかく、「アイドル」を好む文化がなのでしょう。

 

古くは森昌子桜田淳子山口百恵といった花の中三トリオを始め、ジャニーズから始まったフォーリーブス郷ひろみ西城秀樹からSMAPといった男性アイドル、おニャン子クラブモーニング娘、AKBといった女性グループなどなど…。

 

しかし、彼ら、彼女らにはファンというものがいます。そして彼ら、彼女らは実際に会いに行くとなるとファンがいるライブに行かなくてはならないわけです。そうなると、自分“だけ”ではない、ファンはいっぱいいる、といった「諦め」がでるわけです。

 

しかし、アニメやゲームは基本的に二次元に対しては一対一の空間なわけで、自ずと独占欲が駆り出され、自分“だけ”のものと認識していくのでは…、ということです。

 

しかし、一対一の関係って恋人的関係やからアイドルって考え方が違うんじゃあ…って思った方もいらっしゃるでしょう。

 

でも恋人的関係をやっている人は何も自分だけではないのです。見えないだけでファンはいっぱいいる、すなわち、

 

“二次元”というライブに見えないファンといる

ということなんだと思います。

 

そしてもう一つ、二次元にはまる理由それは

 

3次元の人に対しての裏切りがない

ということです。そりゃあキャラに対する裏切りだったり、性格が実は変わったり、なんてことはあるのでしょうが、それは2次元のキャラの対人関係で成立し、直接的に響くことは少ないです。しかもメタ的に言えば、作者が作り出したストーリーというものに沿って進んでいる人物なわけです。これはドラマも一緒ですが、ドラマと二次元の違いは、

“顔だしで演技”しているという点なんだと思います。

俳優は顔だしで演技している。大人ならこれを認識しています。そして顔だしをしたまま演技をする。これは三次元という同じ空間で演技すること、すなわち自分を出して演技しているわけです。しかし、本来の自分これは本来の性格ではないのです。一方二次元は顔だしはありません。キャラクターというフィルターにかけられることにより、まるっきり違うものとしてとらえやすくなるのです。

 

いかがでしょうか?この説に何か異論がある方は是非コメントください。

 

今日は以上です。

けものフレンズが有名になったわけを真面目に考える

すごーい!君は姑息なフレンズなんだねー!

 

ども、姑息野郎です。案の定人気にあやかってけものフレンズを紹介しようと考えてブログのアクセス数を稼ごうとしているフレンズです。

 

しかしまあ…、誰がこんな人気を予測してたでしょうね、まさかの大人気。

  

なんで人気になっちゃったんでしょね?

 

実は私の知り合いの方がけものフレンズを作ってらっしゃる「ヤオヨロズ」の社長と知り合いなんですよね。

 

※「てさぐれ!部活もの!」のキャスティング協力をしてたそうです。

 

その方も「なんで売れたんだろね?」とずっと不思議がっておりました。

 

さて、本題のなぜ売れたか?なんですが、僕はこの説を提唱したいのです。

 

「個性」の演技が生んだ人気

 

それこそサーバルちゃんの棒読みと言われた演技やアルパカさんのあのしゃべり方ってある意味「声優の演技の常識」から外れてるわけです。

 

最近の声優は「演技」ってどうしても「っぽい声」を出す印象がありまして(100%ではないですが)、あまり「個性」を出す人が出てないわけです。

 

某白髭のおじさんが「声優の演技が嫌い」っていうのはそういうことがあるのではないか、とも思うことがあります。

 

さて、そこでけものフレンズなわけです。ある意味「声優の演技の常識」では「棒読み」と言われたサーバルちゃんのあの演技って裏を返せば「個性」につながるわけです。

 

昔、好きだったアニメに「焼きたてジャパン」というのがあります。そこで出てきた月乃というキャラがとてつもなく浮いてました。彼女も「棒読み」だったわけです。

 

でも凄く目立っていたんですよね。

 

まあ、それをよしとしない人もいることも確かなのでどうこう言えませんが、少なくともこういったことが要因であのセリフも目立っていたのかな、と思いました。

 

ただ

 

あくまで憶測ですので、100%の答えではないとは思います。

 

ご意見お待ちしております。では。

 

 

 

 

 

 

 

 

批判が大好きな日本人。


右翼と左翼って結局どちらが正しいの?:おはぎとジーコのブロマガ - ブロマガ

 

私、以前にニコニコ動画内にあるブロマガというものなんぞを書いておりました。でその中で特に反響があったのはこちらでした。

 

さて、なぜあんなブログを書いたのか。

 

なぜ皆さんに教えを問いたのか。

 

正直にいうと当時の私はどの考えがいいのか、というのを聞いてみたかったのです。ネットでは右翼思想の人たちが他の国をけなす。テレビでは左翼思想の人たちが現在の政権をけなす。マイナスのところしか見えていない自分はどっちの考えがいいのか、よくわかりませんでした。なので聞いたのです。どうしたらいいのか。

 

で結局のところわかったことは、

 

自分で感じて考えること

 

だということなんだな、と。

 

正直いまだに政治に意見できるほどの知識を私はもっていません。

 

馬鹿丸出しなことも認めざるおえないのも事実です。

 

ただ、

 

極端に政治や色々なものに対して批判しか言わない人間には間違っているとしか言い様がありません。

 

挙げ足をとって何が楽しいのか。弱点ばかり攻めて何を正当化しようとしているのか。

 

森友学園の件だって、色々とやらかしたのは事実でしょうし謝らなければいけないのは確かでしょう。

 

ただ、

 

そんなん責任どうこういってやめろ、やめろコールしてるあんたらはただの野次馬の馬鹿丸出しやん、と。

 

もう少し、他のことに目を向けて話してくださいよ(まあ、国会中継とか見てたら他の話もしてますけど)。誰とは言わないですよ。ねえ、どこかの偉い人?

 

話はずれましたが、結局は

 

極端に批判するのは愚か者のすることである。

ということなんですよね。

 

ではまた。

声優事務所の増加に関すること

突然ですが、私は声優が好きです。

 

声優の技術ってとにかく凄いんですよね。

映像を見ながら、セリフを時間内におさめ、感情を込めて言わなきゃいけない、という2つ以上のことをするのはとんでもないですよ。

 

と散々言っていますが、最近の声優って志望数がめちゃくちゃ増えてるんですね。

 

聞いた話だと

30万人

そのうち声優になれてるのは

1万人

で声優で働けてるのは

300人

だと。

うーん…。

物凄い狭い門ですね。ちなみにこれ浪川大輔さんが2013年にとある番組で話されたことらしいので、今はもっと増えてると思います。

 

で一個要因があるのが、

声優事務所の増加

なわけですよ。特に2000~2010年までに

31社増えてるんです。

でまとめてみました。

2000年 マーキュリング 

                 アトミックモンキー 

                 プロダクションA組 

                 ボズアドール 

                 クレイジーボックス

 

2001年 スターダス・21  

                 ヴィムス

 

2002年 オフィスもり 

                 ケンユウオフィス 

                 ホーリーピーク

                 c&oプロダクション 

                 TABプロダクション 

                  ビーボ

                  THREE TREE 

 

2003年 プロフィット 

                 オフィスPAC

 

2004年 アズリードカンパニー   

                  悟空

 

2005年 B-box

                 ミュージックレイン

 

2006年 RME  

                 カレイドスコープ 

                 Quon

                AIR  AGENCY 

                 E-Spring

 

2007年    アック・トップ 

        JTBエンタテイメント

                 Voice  bloom

                 マック・ミック

2008年 アクロスエンタテイメント

                 ALBA

                 ディーカラー

 

2009年 IAMエージェンシー

    アセンブルハート

    EARLY  WING

                ミディアルタ

    インテンション

    エスエスピー

    オフィスワタナベ

    オフィスアネモネ

    ガシェットリンク

    コンビネーション

    ヘリンボーン

    懸通プロダクション

 

2010年 ベストポジション 

    ぐるーぶインパク

いやー、いっぱいありました。でこの中で養成所もいっぱいあるわけで。

この結果間口がいっぱい増えたわけです。

 

ただね…。替えがききやすくなってきているのか3年ぐらいたつと仕事がなくなりやすいってのが、今問題になってるようで…。

 

うーん、まあ競争率が高くなったことで実力者が増えたのはいいことなんですけどね。

 

ということで、今回はここまで。

 

 

 

 

 

趣味で始めました。

ども。色々とブログやブロマガなんかに手を出してきたのですが、はてなブログさんに興味をもち今回からお世話になることになりました。

 

多分色々と書くとは思いますがよろしくお願いいたします。

 

最初に何を書こうと考えていたんですが、まあとりあえずは簡単に。

 

よろしくお願いいたします。