うつブログ

鬱と判断され数年。鬱だからこそ言えること、鬱になって日々闘う男のブログ。ちなみに相談もお待ちしてます。

腐男子と言っていいのかわからないけどもBL好きです。

アニメディアという雑誌がありまして。そこで投稿コーナーっていうのがあったんです。

 

その中で漫画を送る、みたいなコーナーがあって。それを見てた私は、男なのに非常に興奮してしまいました。

 

そこから、ニ次創作の世界に手をだし、リボーンやらおおきく振りかぶってのBLを見てました。

 

私、リボーンとかは獄寺くん好きだったんですが、山本くんと絡む時が異常に興奮しまして…。無邪気キャラなんです、山本くんってキャラが。

その山本くんが獄寺くんを攻める時なんてもうギャップ萌えですわ。

 

あと、おおきく振りかぶっては田島くんが好きでしてねー。花井くんとの絡みがとてもよくて、ずっと興奮してました。

 

…あ、最近は美男高校地球防衛部happy kissの道後一六くんがいいなあ、と思ってます。お誕生日おめでとうございます。ないかなあ一年生コンビのBL本。

 

…とここまで書いてきてなんなんですが、どうですか?気持ち悪いですか?

 

多分気持ち悪いと感じた方がほとんどだと思います。そりゃあそうでしょう。「男」なんですから。正直、親にこの話したことないです。今まで自分の気持ちに蓋を閉めてました。男のキャラクターもんなんて買えません!って思って過ごしてきました。

 

今日ここで初めて話しました。

 

だから…誰か、こんな私でも友達になってくれる人いますか。

 

誰かつながりたいんです。本当にお願いします。

 

 

古谷静佳さんという声優さん。

昔、ハマってたアニメに「日常」ってアニメがありまして、なんだかんだ今をときめく声優さんも何名か出てたんですよね。(本多真梨子さんとか山本和臣さんとか)

 

そんな中、「東雲なの」っていうロボット(?)のキャラを演じてたのが、トップに書いた古谷静佳さんっていう新人の方でした。

 

なのというなんというかおぼこい感じのキャラクターと古谷さんの声がマッチして、凄く良かったなあ、と覚えています。

 

その後も声優活動はやってたんですけど、交通事故にあい、そのまま引退…、ってことになってしまったんですが!

 

なんと復活!

 

しかもYou  Tubeでチャンネル持ってるううう!

 

嬉しいぞー!

 

とにかく

 

名人お帰りなさい!

とある方に思いをよせて

あるラジオ局のディレクターがラジオ局を辞めるとのこと。

 

その局をよく聴いていた自分としては大変だったやろうなあ…、とした気持ちしかなかった。

 

というのもそこは長年、有名なプロデューサーがおり、その後任だからある意味大変だったと思う。

 

新社会人一年目からツイッター(個人のものではなかったと思うけど)をフォローしてて身近に感じてて。

 

ラジオのイベントで2日行った時にラジオネーム覚えてもらってて嬉しかったなあ。

 

綺麗な方だし、アイドルとかすんのかなあ…(笑)。楽しみに待ってます。

 

 

いつからアクセス数を求めてしまう人間になったのだろう

バズって有名なりたい、人から注目されたい、っていつからそういう人間になってしまったんだ、って感じる。

 

そういうことを思う人間に誰がしたのだろう。

 

…承認欲求が強いのだろうか、自信をつけたいからなのだろうか。だけど何か辛い。辛い。つらい、ツライ。

 

…そっか。俺好きなことを書きたいからブログやってんだった。

 

改めて感じたそんな日でした。

サトミツさんは素晴らしい「受け手」である。

この間、ニッポン放送では「佐藤満春のあなたの話聞かせてください」という番組がありました。

 

パーソナリティは佐藤満春さん。「どきどきキャンプ」というお笑いコンビのツッコミであり(海外ドラマ「24」のジャックバウワーのコントの人達、と言うとある一定層の人はわかるかも知れません。あ、後日向坂好きな方だったらよく泣くおじさんって言うとわかるかもですwww)、オードリーのラジオでは構成作家をやっており、2人の結婚相手も付き合う当初から知るお方です。(なんなら若林さんに現奥様の紹介したのは佐藤さんとのこと)

 

そんなサトミツさん(あえて言わせてあだ名で言わせていただきます。すいません。)が、パーソナリティを務めるというのでタイムフリーで聴かせていただきました。そしてこんなことを思ったのです。

 

サトミツさんは素晴らしい「受け」のパーソナリティなのだと。

 

何故そう感じたのかはこの一点に尽きるかな、と思います。

 

「相手を否定しない」

 

サトミツさんがトイレオタクという普通の人からはちょっと理解し難い部分を持ってる、っていうのを肌で感じてらっしゃったからなのか、最初に電話してらっしゃった「カラーコーン」好きな方に対して、まず否定せずに話を聞き、そして相手に魅力を伝えてもらう。その時には余計な相槌やツッコミをせずに、相手のことを聴く。

 

これって凄いなあ、って思うんですよ。普通、芸人さんって我が我がって出ガチなんですけどサトミツさんにはそれはない。ある意味で欲っていうのが少ない方だなあ、って思います。

 

司会者というのはあくまでも「裏方」だと自分は思います。進行したり、ミキサーさんとのチェックとかもろもろ…。

 

構成作家の経験があるサトミツさんだからこそできたラジオだったのだと感じました。

 

これから第二弾、第三弾があることを期待して今日は締めたいと思います。

 

サトミツさんが見てくれたら嬉しいなあ。

 

 

 

 

男が男のアイドルや声優を好きになるということ

ふと考えたのですが、皆さんどういう感情を持つのだろう、と思ったことがありまして。

 

僕は関ジャニ∞sixtonesといった男性アイドルや鈴村さんや蒼井さんといった男性声優さんが好きなわけで。

 

なんで好きなの?と疑問に思われる方もいらっしゃるのでいいますが、

 

私はいわゆる同性愛者ではありません。

 

同性の応援している人たちには「人柄」、「才能」に「尊敬」という念を抱いております。

 

私の好きは「尊敬」からくるものであり、「好意」というものではありません。

 

じゃあ女性アイドルは?日向坂46好きって言ってなかった?と言われますが、女性に対しても同じ「尊敬」なんですよね。

 

ファンって多分好きになる人って「あの子可愛い」「あの子美人」といった「好意」なんだと思うんです。私はそこのところが皆無だからこそ、同性のファンになる人が多いんじゃないかな、と思います。

 

どうでしょうか?もし当てはまる方がいらっしゃったら嬉しいです。

 

鈴木達央さんに思いをよせて

最初に見たのは、「セイントビースト」のイベントだった気がします。

 

一際イケメンでかっこよくて、今まで見てきた声優よりヤンチャっぽそうな彼に自分はなぜか魅了されました。

 

若い頃からラジオでは先輩達と一緒に出ており、いじられることが多かった気がします。

 

気がつくと先輩になり面白い下ネタ大好きにいちゃんになり、フリーダムさがどんどん加速していったあなた。

 

結婚もし、幸せになったあなた。

 

これからどうなっていくのかわかりません。でも、昔から知ってる人間からするとあなたは変わらないところがあるのを知ってます。それは優しいところです。いくら悪ぶっても、優しい部分はいっぱい出てます。

 

こんな自分が言っても何言っとんじゃ、とは思うのですが、自分は昔頑張ってるあなたを見てこれからも頑張ろう、負けないぞと思っていました。これからもそのキャラクターで人気をもっと掴んで欲しいと思います。