うつブログ

鬱と判断され数年。鬱だからこそ言えること、鬱になって日々闘う男のブログ。ちなみに相談もお待ちしてます。

ギャンブルをやめるために

ギャンブルをやると、自分は歯止めが効かなくなることが多いです。

で気がついたら、止められなくなるのがさがなんですが…。

なんとか歯止めをかけなきゃ!と思ったのが、デビッドカード、イコカのような電子マネーでした。

わらにもすがる気持ちで今やってます。

正直、耐えられるかどうかはわかりませんが、今は少し楽になってます。

しかし、カードを使うだけで?とお思いでしょうが、あれって基本的に現金だけなんですよね。カードにチャージしといたら、行ってもお金を使おうとするし、amazonでも買い物できるなあ、と思ったのでチャージしています。

無理せずにお金はチャージしていきたいと思った今日この頃でした。

ベタを笑うものはベタに泣く。

最近、凝ってるものが多すぎるなあ、と思います。

例えば、漫画やアニメ。魔法少女が喰われたり、最初から俺最強!みたいなキャラだったり、とあまり感情移入できないことが多いです。

ドラマだって大河ドラマが近代史になってたりしますし。

いや、別にいやじゃあないんですがね…。

でもね、やっぱり日本人ってベタが好きなんですよ。

時代劇や刑事ドラマ、特撮だってパターンがあるんですよね。だから何がいいたいのかというと、

ベタなものを下に見ない方がいいよ、ということ。案外有名になったものはどこかしらでベタがあるということ。

だからいい作品というのは、「ベタ」ー「〇〇」ではなく、「ベタ」+「〇〇」を付け加えたものなんだろうな、と思う自分でした。

捜査一課長が好きです。

昔から刑事ものをよく見ております。

はぐれ刑事とか、相棒とか、さすらい刑事とか、やっぱり面白いなあ、って思います。

で、面白いなあ、と思うところがいくつかありまして。

刑事ものってパターンがしっかりしてることが多いんです。(刑事コロンボとかのパターンもありますが)

だれかが殺される→捜査開始→何か見つかる→犯人が見つかる→自供→ED

という特撮と似たパターン化してるのがあるんですね。

でそういったパターン化してる中で最近好きなのが、捜査一課長というドラマ。

内藤剛志さんを中心とした刑事達が事件解決を目指すドラマなんですが。

ベタすぎるぐらいベタなんです。だけど、それを逆手にとってるようなパターン化、王道の素晴らしさをこれでもか!と詰め込んだドラマ。

それが捜査一課長なんです。

そんな中いいエッセンスを出してるのが、ナイツの塙さん演じる刑事。

芝居はうまくはないんです(むしろ下手に近いかもです…。)。でも演技派ばかりのこのドラマでは、塙さん演じる刑事がいい塩梅を出してくれてます。

最初はなんか嫌だった演技が、時が経つにつれて、好きになる。塙さんの演技ってそういう演技なのかもしれません。

そういう王道から外れるドラマが多い昨今ですが、こういった「王道」ってバカにできないなあ、とふと思いました。