評論芸もどき

様々なことに対して評論してみたいと思います。多分突っ込まれることが多いですが。

水道橋博士という人物に何を見る?

僕の好きな芸人の共通項に「話、文章の内容に理知的なイメージがある。」というものがあります。小さい頃に好きだったハリガネロックにしかり、華丸大吉にしかり、ダイノジしかり…そんな方々が口々に名前を出す人物がいます。

 

それが「浅草キッド」の水道橋博士さんです。ビートたけしさんのお弟子さんの一人であり、たけし軍団ではあるものの、他のたけし軍団と違い、集団でビートたけしさんに絡んでるというイメージはありません(私が間違えているかもしれませんが…)。

 

ただ、理知的であり、本の内容にも独自の文才があるのは明らかに師匠であるビートたけしさんの影響はあると思います。

 

さて本題なのですが、私自身、水道橋博士さんをあまり芸人という認知はしたことはありません。どちらかというとコメンテーターというイメージをもってます。馬鹿みたいなことをせず、後ろから芸人を見ながら、手綱を引いている…。水道橋博士という人物にはそういう理知的なイメージがつきまとっています。

 

ただ、そんな自分を打破しようと何か違ったことをしようとしているイメージが少し見られるのです。

 

代表的なものだと橋下徹さんと討論し、生放送中にレギュラーを降りる、とかでしょうか。破天荒になりきろうと頑張る。ただ、その破天荒はビジネス的な破天荒、相当苦労してると思います。

 

ビートたけしさんは破天荒でした。ただ、そんな中にも理知的なものが見え隠れしてました。水道橋博士さんにもそういった願望がある感じがよく見られます。

 

これからはどういう形で色々とテレビ、舞台に関わっていくのでしょうか。

 

少なからずとも上記のようなキャラを維持することは確かですが、ギラギラではなく、少し一歩引いた参謀長タイプになりそうな気がしなくもないです。

 

あと、個人的に浅草キッドの漫才。見てみたいです。権利上難しい漫才かもしれないですが、もったいないと思ってしまう男が少なからずいるので是非やってほしいです。