評論芸もどき

様々なことに対して評論してみたいと思います。多分突っ込まれることが多いですが。

長寿番組になるためには?

テレビにしろ、ラジオにしろ、クールというものがあります。3ヶ月を1クールとしているわけです。

 

だいたいドラマはだいたい1クール、アニメでも深夜アニメだと1クールが多いです。

 

しかしバラエティになると結構幅があり、長いもので50年以上、短いものだと1クールで終了してしまうものが多いです。

 

ラジオでも同様で、長いものと短いものの差が激しいものです。こちらも長いものだと50年以上、短いものだと1クールで終了してしまいます。

 

何故ここまで差があるのか。そこには差を出してしまう、あるものがありました。

 

それの答えは杉田智和さんのある一言です。杉田さんは長い期間をやっているラジオが多いです。そんな杉田さんですが、ラジオでこんな話をしておりました。

 

リスナーからのメールで「何故ここまで続けられたんですか?」というのを見た杉田さん。ふざけつつも

 

「なんもなかったからです。何もなかったからこそ長くなったんですよ」という話をしてくれました。

 

本当にこれって大事で、深夜バラエティとして人気があったものがゴールデンに進出すると、途端に終了したり、そのまま時間を変えずに行ったものが長く続いたりと何かを変えようとするとダメになります。(メンバーを増やすバラエティとかもありましたね。)

 

さて最近ある番組たちが長い期間を経て終わります。青春時代、あの中に入ってみたいと思っておりました。少しでも皆さんの記憶にあったら嬉しいです。