評論芸もどき

様々なことに対して評論してみたいと思います。多分突っ込まれることが多いですが。

声優事務所の増加に関すること

突然ですが、私は声優が好きです。

 

声優の技術ってとにかく凄いんですよね。

映像を見ながら、セリフを時間内におさめ、感情を込めて言わなきゃいけない、という2つ以上のことをするのはとんでもないですよ。

 

と散々言っていますが、最近の声優って志望数がめちゃくちゃ増えてるんですね。

 

聞いた話だと

30万人

そのうち声優になれてるのは

1万人

で声優で働けてるのは

300人

だと。

うーん…。

物凄い狭い門ですね。ちなみにこれ浪川大輔さんが2013年にとある番組で話されたことらしいので、今はもっと増えてると思います。

 

で一個要因があるのが、

声優事務所の増加

なわけですよ。特に2000~2010年までに

31社増えてるんです。

でまとめてみました。

2000年 マーキュリング 

                 アトミックモンキー 

                 プロダクションA組 

                 ボズアドール 

                 クレイジーボックス

 

2001年 スターダス・21  

                 ヴィムス

 

2002年 オフィスもり 

                 ケンユウオフィス 

                 ホーリーピーク

                 c&oプロダクション 

                 TABプロダクション 

                  ビーボ

                  THREE TREE 

 

2003年 プロフィット 

                 オフィスPAC

 

2004年 アズリードカンパニー   

                  悟空

 

2005年 B-box

                 ミュージックレイン

 

2006年 RME  

                 カレイドスコープ 

                 Quon

                AIR  AGENCY 

                 E-Spring

 

2007年    アック・トップ 

        JTBエンタテイメント

                 Voice  bloom

                 マック・ミック

2008年 アクロスエンタテイメント

                 ALBA

                 ディーカラー

 

2009年 IAMエージェンシー

    アセンブルハート

    EARLY  WING

                ミディアルタ

    インテンション

    エスエスピー

    オフィスワタナベ

    オフィスアネモネ

    ガシェットリンク

    コンビネーション

    ヘリンボーン

    懸通プロダクション

 

2010年 ベストポジション 

    ぐるーぶインパク

いやー、いっぱいありました。でこの中で養成所もいっぱいあるわけで。

この結果間口がいっぱい増えたわけです。

 

ただね…。替えがききやすくなってきているのか3年ぐらいたつと仕事がなくなりやすいってのが、今問題になってるようで…。

 

うーん、まあ競争率が高くなったことで実力者が増えたのはいいことなんですけどね。

 

ということで、今回はここまで。